消費者金融のカードローンを利用した体験談

消費者金融のカードローンを利用したきっかけは、運転免許の取得資金が足りなくなったからです。
750ccの大型バイクの免許を取りに行っていたのですが、思いのほか難しくて大幅な補習がついてしまいました。
当初は15万円くらいで取得可能だと聞いていましたが、結局は30万円以上かかることになったのです。
貯金は20万円以上は用意していましたが、補習がついて教習資金を用意できなくなって消費者金融審査甘いに申し込んだのです。
当時はグレーゾーンが生まれる前だったので、総量規制による制限はありませんでした。
年収と同額の借入は当たり前であり、年収の2倍超という方も普通にいました。
今のカードローンと比べて一番異なるのは金利の高さで、自分が申し込んだ消費者金融は有名大手ですが27%台という超高金利です。
当時はこの金利が普通でしたが、グレーゾーン金利が廃止された現在はありえない金利です。
今は最高でも20.0%ですし、ほとんどの消費者金融は18.0%より低く融資しています。

当時のカードローンは自動契約機での申し込みが主流でした。
案内画面に従って必要事項の入力をすると審査が行われます。
審査は機械が行わっているわけではなく、消費者金融の本部に情報が直通となっており、そこで行われているようです。
審査が終了するまでの時間は数分であり、その場でカードが発行されて借入可能となりました。
当時はコンビニATMも発達しておらず、借入・返済をするのは無人店舗または有人の窓口でした。